M&A取引支援と行う会社とは

インドM&A.com

インドM&Aの傾向

 

企業の売買取引であるM&Aの工程をサポートするのが、M&A支援(M&Aコンサルタント)会社です。
M&A支援会社といってもその業態は様々で、M&A取引の支援に特化した会社はもちろん、数あるサービスの一つとしてM&A支援を行っている会計事務所や市場調査会社、法律事務所なども存在します。

 

中には、海外現地での協力をお願いしている市場調査会社や会計事務所の提携先としてあるという場合も。

 

 

このページでは、M&A支援会社の主な役割と実際に支援する内容についてご紹介します。

 

 

 

支援会社は譲渡企業と譲受け企業の仲介人

 

M&A取引には、企業存続・成長を願って自社(あるいは一部事業)を買い取ってくれる買取企業を探している譲渡希望企業と、自社のさらなる成長や新規市場開拓を狙って企業買取を希望する買取企業が両社存在することで成立します。

 

この両社を評価・査定し、互いの希望に沿った相手を探し出してマッチングさせるのがM&A支援会社の一つ目の役割です。

 

M&A支援会社が、両方の会社に対して行う処置は以下の通りです。

 

 

支援会社から譲渡希望会社に対して

 

・個別相談
・企業登録、提携仲介契約
・譲渡希望企業の資料の受託
・企業の評価、査定
・企業分析、業界調査
・持ち込み候補先選定
・企業概要書の作成

 

上記の一連の流れは、譲渡希望会社がM&A支援会社に企業登録をして、マッチする相手企業が見つかるまでに行われる作業です。

 

企業概要書は、買取希望会社が初期段階で譲渡会社の情報を閲覧するために必要なものとなります。この際、買取希望会社が譲渡希望会社に興味を持ちM&A支援会社に依頼をすると、支援会社は秘密保持契約の締結を行った上で、譲渡企業の更に詳細な情報を記載した企業概要書の作成を行います。

 

 

支援会社から買取希望会社に対して

 

・買取候補会社の企業概要書の検討
・秘密保持契約の締結
・企業概要書(詳細なもの)の検討
・提携仲介契約の締結
・個別詳細資料の検討

 

この一連の作業は、登録済みの譲渡希望企業を見つけてから行われる、全体のうち中間ステップにあたる作業です。

 

個別詳細資料の検討が終わると、M&A支援会社の仲介によって、譲渡希望会社と買取希望会社が実際に顔を合わせ、対談をする工程に入ります。

 

 

企業同士の面談から契約の締結まで

 

双方の企業が実際に顔合わせをし、最終契約の締結に至るまでには以下のような工程があります。

 

・トップ面談、企業訪問
・買取価格等の条件交渉
・基本合意契約の締結
・買収監査
・最終条件の交渉
・最終契約の締結、デリバリー、決済
・ディスクロージャー

 

M&A支援会社は、譲渡会社と譲受け会社の面談から最終締結、クロージングの工程までのサポートも行います。

 

 

 

M&A仲介者の必要性

 

インドM&A.com:M&A仲介者の必要性

 

企業経営者の中には、仲介や支援の必要などないという方もいらっしゃいます。
そのような方がいるケースは当たり前のことで、もとから独自の人脈や繋がりで取引会社を探すことができる場合もあります。

 

しかしM&A支援会社が仲介者として双方の企業を繋げ、支援を行うことにはいくつかメリットが存在します。

 

 

よりマッチしたM&A取引相手の発掘

 

M&A取引では、最もシナジー効果を発揮することができる相手を見つける必要があります。
企業に紐づくすべての情報、商材、事業、そして従業員に大きくかかわる取引であるため、決して後悔のない相手を選ぶ必要があります。
そうするためには、やはり登録取引企業の母数が多いM&A支援会社を通して相手企業を見つけるほうが、満足のいく取引になる可能性が高いと言えるでしょう。

 

 

両社のコミュニケーションを円滑にする

 

価値観や人生観、経営上でのこだわり、ポリシーなど、企業を経営する経営者にはそれぞれ違ったものがあり、考え方も異なります。そのためお互いの交渉は単純なものではなく、考え方の異なる両者の間にM&A支援会社のような仲介者が入ることで、コミュニケーションをよりビジネス的に、円滑なものにできるメリットがあります。

 

M&A取引のコミュニケーション以外にも、コミュニケーションが必要な場面はあります。
例えば、社員への発表です。自社の社員に対して取引きの概要を発表しようにも、その発表のタイミングをいつにするかというのは極めて難しい問題です。
発表の仕方によっては社員たちのモチベーションの上がり方や下がり方にも大きく影響します。

 

M&A支援会社は様々な企業のM&A取引をサポートし、近くでその取引を見てきたわけですから、彼らのアドバイスの精度はかなり高いと言えます。ベストなコミュニケーション方法を提示してもらえるのもM&A支援会社に仲介を依頼するメリットでしょう。

 

 

 

インドなど海外間の取引には必要不可欠

 

このサイトをご覧の方の多くは、インドでのM&A取引に少なからず興味をお持ちの方だと思います。

 

インドは特にそうですが、海外企業とのM&A取引は一筋縄ではいきません。
言語が違うことはもちろん、文化、国民性、ビジネス文化に大きな違いがあるため、企業間だけで円滑にコミュニケーションが行える確率は低く、最終契約の締結までこぎつけるのか?と問われるとかなり難しいと言えます。

 

そのため、インドでM&A取引を行う場合は、特に現地企業との取引の場合は必ず印日間のM&A取引に長けた支援会社に依頼すべきでしょう。

 

インドに根付いているM&A支援会社はその経歴が長ければ長いほど現地の企業データや経験が豊富。そして日本人とインド人のコミュケーションを取り持ってくれる国際的なスタッフも存在します。

 

中には以下の会社のように、市場調査やコンサルティングも行っている総合支援会社もあり、そういった企業に依頼すれば、M&A以外の現地での経営に役立つサービスも同時に行えるという大きなメリットもあります。

 

 

 

 

 

 

インド企業とのM&A取引を検討する場合は、支援会社への依頼も視野に入れながら進めていくといいでしょう。

 

 

 

次項:インドのM&A支援会社


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP M&Aとは M&A事例 M&A支援会社について インドのM&A支援会社